信仰と笑顔と感謝で私の夢をつづります


by shunm4
カレンダー

2005年 09月 21日 ( 1 )

今日の出来事
今日は1日中精神科デイケアにいた
午前中はゲートボールをやって楽しく過ごした
帰宅して夕食を食った後RGBから電話があってどうやら金土日とアルバイトが入りそうだ
また1万近く稼げる
良かった
これで情報商材をまた買える

今日の感謝
主よ守護指導霊よRGBよ私に仕事をくださりありがとうございます
社会に愛を与えます

今日の学び
大川隆法先生御著書「光ある時を生きよ」  
第2章人生に勝利する詩(うた)

人々よ
大いなる希望を抱け(いだけ)
ひたすらに
神の光はあふれくる
神の力はあふれくる
神の勇気はあふれくる
大いなる光の泉 知恵の海
愛ある山河 慈悲の空
涙に曇ったその目とて
涼風一過 輝かん
人々よ
成功をこそ夢に見よ
敗者は敗者の夢を見る
勝者は勝者の夢を見る
同じく夢を見るならば
勝者の夢をなぜ見ぬか
勝利の夢をなぜ見ぬか
なぜ成功をこそ夢見ぬか
常によき夢見続けて
はじめて勝利の時いたる
人々よ
人生に勝利せよ
成功をこそ実現せよ
何のために悩むのか
悩んで道が開けたか
悩んで幸せになりえたか
悩みを丸めて投げ捨てよ
悩みを川に流しされ
悩みの中に真理なし
悩みの中に光なし
人々よ
不愉快を追放せよ
不機嫌を追放せよ
鏡に映った
その無愛想な顔は
一体誰の顔なのだ
笑顔の顔こそ素晴らしい
こぼれるばかりの白い歯こそ
幸福駅の入場券
笑顔が笑顔を招くのだ
人々よ
なぜ喜ばぬ
朝(あした)に命のありしこと
夕べに家のありしこと
吸う息があり
吐く息もある
樹木の緑のありてこそ
清き酸素にめぐまれる
熱き血潮の巡りてこそ
身にあふれくるパワーあり
人々よ
背伸びをするな
嘘をつくな
そんなことをせずとも
あなたは神の子
その身そのままで光っている
うわべをつくろうな
虚栄を排せ
神の子はそのままで尊いのだ
人々よ
しかし
絶望するな
この世に不可能なことは
何もないのだ
人間は空を飛んだではないか
人間は月を歩いたではないか
人間は太平洋の底にもぐったり
地下を打ち抜いては
鉄道を通したではないか
人々よ
無気力になるな
否定的な心になるな
無気力からは何も生まれない
否定からは肯定は生まれない
強く打ち出せ
自分の将来の夢を
私はできるぞと宣言せよ
人々よ
言葉には力があるのだ
これを言魂(ことだま)という
消極的な言葉を
数多く使う人は
打ちのめされた人生を送るのだ
積極的な言葉には
いのちがある
魂がある
これをなぜ活かさないのか
人々よ
自分の人生を肯定するように
他人の人生をも肯定せよ
他人をよき人だと思え
他人を悪く思う人は
自分も他人から悪く言われる
陰(かげ)、日向(ひなた)なく人をほめよ
ほめる力でその人はよくなり
ほめる力で
あなたもよくなるのだ
人々よ
常に善意を人に施せ
他人が悪意を向けたからとって
自分も悪意を創造するな
あなたは善意の供給者たれ
圧倒的な善意で
この世の悪を押し流せ
この世が善意で満ちたなら
それがすなわち
天国なのだ
人々よ
ビジネスに疲れるな
ビジネスを
時間の切り売りだと思うからこそ
あなたは疲れたりするのだ
ビジネスは神理伝道の場だ
人々との出会いの場だ
縁あって出会った人々を
どうやったら幸福(しあわせ)にできるかを
考えるあなたであれ
人々よ
時間を惜しめ
時間は
あなたの生命(いのち)だ
その生命を見殺しにせず
大切に使え
不眠症の人は喜べ
あなたは時間づくりの天才だ
さあ悩んでいる暇があったなら
バリバリ勉強しようじゃないか
人々よ
愛は貯金だ
あなたが他人を愛したなら
その愛は銀行の貯金となり
あなたに利子が支払われる
あなたが他人に愛されたら
それもあなたの人徳で
あなたの財布の小遣いは
どんどん
増えてゆく
人々よ病に負けるな
病の時には
病を最大限に利用せよ
あなたはまず反省の時間を得た
この時に哲学者にでも
詩人にでもなれるではないか
病の時間を利用して
長編小説を構想し
大作家にでもなればよい
人々よ
失恋などに負けるな
失恋は
詩人を創り
宗教家を創り
思想家を創り
有名なスポーツ選手や
政治家までも生み出すのだ
失恋の数の
世界記録にでも挑戦しろ
人々よ
離婚、再婚何するものぞ
あなたは他人の何倍も
貴重な体験を得たのだ
他人の評価を気にするな
あなたこそ
人生の達人になって
青年達の師となれる
最重要の
人物なのだ
人々よ
鼻歌を歌って歩もう
どんな試練も経験と
英知の珠玉に変えてゆこう
大地にしっかりと立って
さあ朝日に向かって歩いてゆこう
不幸などない
人間は永遠の生命(せいめい)だ
幸福(こうふく)をこの手で
がっちりとつかんでゆこう
[PR]
by shunm4 | 2005-09-21 19:53 | 日記