信仰と笑顔と感謝で私の夢をつづります


by shunm4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今日の出来事と感謝と学び

今日の出来事
今日は1日中ネットをしていた 疲れた PCの画面を長時間見ると疲れる モニターから光が出てるから
今日の感謝
主エルカンターレ仏陀大川隆法先生今日も平穏無事な日を賜りありがとうございます
これもひとえに主と両親のおかげです
ありがとうございます
今日の学び
大川隆法総裁「神秘の法」  
第2章憑依の原理

「そのように、光が射さないところが地獄界なのです。
どういう心だと光が射さないかというと、要するに、『光に反する心』です。光に反する心をもったときに、光と反発しあって曇りができてくるのです。
では光に反する心とは、どのような心でしょうか。
生きている人間で、そういう心になるのは、まずは、悩み事、心配事がある場合です。悩み事、心配事があれば、調子が悪くなります。
人間として生きている間に、悩み事、心配事が全くないということはありません。誰でも、悩み事、心配事はできます。ただ、それが、この世的にみて、一定の実力でもって解決がついていくものであればよいのですが、それで解決がつかない場合は、その悩みに心が縛られてきます。心が一点にグーッと縛られてきて、逃げられなくなってくるのです。
その状態が長く続いていくと、つまり、悩みが一点でずっと続いていくと、地獄界にいる人には、ちょうど、上からロープでも下りてきたような感じに見えます。彼らは、一本、長いロープがおりてきたのをみて、『何だろう、これは、俺のところに下りてきた。『あがってこい』ということかな』と思い、それを引っ張って、あがっていき始めます。そして、『何かご用ですか』という感じでやってくるわけです。
悩みが一点に絞られ、ずっと長く続くと、そのようになってくるのです。」
[PR]
by shunm4 | 2005-10-14 18:07 | 日記