信仰と笑顔と感謝で私の夢をつづります


by shunm4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今日の出来事と感謝と学び

今日の出来事
今日も何事もなく平穏無事に1日が過ぎた 悪く言えば平凡に1日を消費した
もう少し1日を実りあるものにできないかと思う

今日の感謝
主エルカンターレ仏陀大川隆法先生今日も平穏無事に1日が過ぎた事を感謝します

今日の学び
幸福の科学の八正道
「仏陀の証明」大川隆法先生御著書
まず八正道には前提があります 

それは正しい信仰・正信を持っているかです

オウムや創価学会、統一協会に入ってる人は間違った信仰を持っています

こういう人は八正道の最初の項目である正見ができません

そういうわけで正しい信仰を持ってるかどうかが大事なのです

正見というのは正しい信仰に基づいて正しい見解を持ってるかどうかです

正見とは縁起の理法(因果律)で物事を見ることです。

物事には原因結果原因結果の連鎖があります。

自分は朝こんな事を誓った、その結果夕方どうなった、あの人は今日こんな事を言った、その結果どうなった、社会ではこんな事が起きた、その結果どうなった。

物事にはこういうように原因結果原因結果の連鎖があります。

こういう物事を原因結果の連鎖で見ていくのが正見です。

正見ができているかどうかを反省するわけです

正思とは1日のうちに去来する思いが仏法真理に照らして合致してるかどうかを反省するものです

難しくいえば六大煩悩の思いを抱かなかったかというものです

六大煩悩とは貪り、怒り、愚かさ、慢心、疑い、悪しき見解です。

貪りというのは、自分の分を超えた物をほしがることです

愚かさというのは仏の教えを知らないことです

疑いというのは信仰の反対です。

ブッダを疑いブッダの教えを疑い、教えを学ぶ仲間を疑うことです

悪しき見解というのは正見の反対です

無神論を信じたりカルトにはいってると悪しき見解を持つようになります

そういう仏の教えに反する見解を持つことです

これらを1日のうちに抱かなかったかを反省するのが正思です

正語とは、だましてはならない、脅してはならない、自分は悟ってないのに悟ったと言ってはならない、二枚舌を言ってはならない、お世辞を言って相手を堕落させてはならない、悪口を言ってはならないです

正業とは殺すな、盗むな、姦淫するな(不倫をするな)、嘘をつくな、酒を飲むな(酒たばこ麻雀などに翻弄されない生活を送りなさい)です

正命というのは正しい生活を意味します

正しい生活というのはやくざ稼業をしてはいけないとか風俗営業をしてはいけないとか大酒を浴びるように飲んだり、健康を害するほどたばこをのんだり、シンナーに手を出してはならないということです

あるいは写真週刊誌に盗撮写真を載せてお金を稼いで生活するのも正命に反します

また宗教家が霊感商法とかをして金を稼ぐのも邪命説法(じゃみょうせっぽう)といって正命に反します

邪命というのは正命の反対です正精進とは仏道精進です

何を精進するかというと悪を捨て善を選び取る修行です

正念

念とは精神の集中を意味します

正念とは日々の生活1日全てを仏道修行という観点で送ることに意識を集中させることです 
[PR]
by shunm4 | 2005-10-13 20:17 | 日記